慢性的な腰痛・肩こり!効果的な治療法って何?

あなたの腰痛と肩こり対策を手助けする総合情報サイト

腰痛と肩こりの総合対策

昔はお母さんのイメージだったのですが、現代では慢性的な腰痛や肩こりに悩んでいる人がたくさんいます。腰痛や肩こりに悩んで薬を処方してもらった人も多いと思います。でもまたぶり返してしまう人が多いですね。現代の腰痛や肩こりはなぜ慢性化して治りにくいのでしょうか?

昔のお母さんの場合と違い、現代の腰痛や肩こりの原因が姿勢やストレスにあるからです。生活習慣が原因と言えるからですね。一種の生活習慣病です。腰痛や肩こりも私たちの日々の体の使い方や生活環境に依存しているからです。毎日の生活の中で意識しないうちに体を痛めてしまいそれが原因で腰痛や肩こりが起こるのです。ストレスと姿勢が現代病の大きな原因です。

私たちの頭は約5キロある重いものです。それを支えているのが私たちの体ですから姿勢が悪いと骨や筋肉に大きな負担をかけます。オフィスでPCを前にブルーレイを浴びて緊張を強いられて仕事をしていると、交感神経が異常に興奮しているのです。交感神経の興奮が、血圧や呼吸回数を増やし、筋肉を緊張させます。継続して筋肉が緊張した状態が疲労を起こして、この疲労感があるレベルをオーバーすると腰痛や肩こりになります。

こうした筋肉の疲労は、当然姿勢を悪くする原因となります。それが新たな腰痛や肩こりを引き起こします。悪循環の始まりですね。こうした腰痛や肩こりは現象としては昔のお母さんのものと同じです。しかし原因が違いますから、対策も変わってきます。

あなたの腰痛と肩こり対策を全面サポート

腰痛や肩こりというと昔は働きすぎたお母さんや労働者のものでした。現在はオフィスで働いている若い人々も慢性的な腰痛や肩こりに悩まされています。 腰痛と肩こりの原因が昔と今では違うのですね。現代の腰痛と肩こりの主な原因は、姿勢とストレスです。昔のお母さんの腰痛や肩こりとは原因が違います。

腰痛と肩こりの原因の姿勢

現代の腰痛や肩こりの原因は姿勢やストレスにあると考えられています。では腰痛や肩こり対策としての姿勢をよくするにはどうすればよいのでしょうか? 姿勢を変えるにはどうすればよいのかということです。姿勢の悪い人の大部分が実は自分が姿勢が悪いと自覚していることが少ないのです。

自分の姿勢を自覚すること

現代は簡単にスマホで写真や動画が取れますから、自分が立っているときや座っているときの姿勢を人に頼んで、横からとってもらうとよいですね。 正面の姿というものを私たちは、鏡で見る機会が多いのですが、横からの姿は意外と見ていません。すると自分の姿勢がゆがんでいたりするとすぐに自覚できます。